2008年10月01日

ノートの書き方

ネットサーフィンをしていて、たまたまこんな記事を見つけました。

(asahi.com:9/19)
コクヨS&Tは10月10日、東大合格生の調査を踏まえて開発したノートを発売する。横線に加え、等間隔で小さな点を振ったのが特徴だ。縦の目印ができたことで図や表などが書きやすくなり、学習効率が上がるとしている。

東大合格生のノートはかならず美しい」(文芸春秋)の著者、太田あや氏らとコクヨS&Tが4月から共同で調査を実施。合格生がノートの書き出しをそろえたり、図や表を多用したりすることに注目し、6ミリか7ミリ間隔で点を加えることにした。

(引用元:asahi.com

「へぇ〜」ボタンをたくさん押してしまいそうになりましたが(古い?)、確かに同級生で賢いヤツのノートは見やすいノートだったなぁと。。。

美しくノートをまとめる作業がたぶんいいんでしょうね。
自分の中で消化して理解して、うまくアウトプットができればノートは美しくなるような気がしますしね。

今からは間に合わないかなぁ(汗
posted by たろ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107461142

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。