2008年10月25日

野菜のアロマオイル

ここ何年かの間にすっかり定着してきたアロマオイル。
最近ではいろいろな種類のものが増えてきて、生活の中でアロマオイルをこんな感じで使っている人もいるとか。

アロマオイルと言えば、ラベンダーやカモミールといったものしか知りませんでしたが、うちの相方に言わせると、最近ではグレープフルーツやレモンと言った柑橘系やローズマリーやペパーミントなどのハーブ系が人気なんだとか。特にハーブ系はリラックス効果を得られるものも多いことからも人気が高い…ということです(受け売りです・笑)。


受け売りついでに(笑)、タイトルにも書いた通り、野菜から精油(エッセンシャルオイル)を抽出したものもアロマオイルの仲間入りをしているそうです。

オススメは「ゆずのエッセンシャルオイル」だそうで、お風呂に3, 4滴垂らすと「ゆず風呂」に早変わり。油なので、お湯になじまないときもあるそうですが、簡単に(しかも片付けも楽に)ゆず風呂を楽しむことができます。

ただ、注意点。
香りがよいからと言って飲むのは厳禁。また、化粧水や石鹸に混ぜて楽しんでいる人もいるそうですが、あまり濃いオイルに触れていると皮膚が弱い人はかえってよくないそうです。特に、レモンやグレープフルーツなどは紫外線と反応して皮膚に炎症をつくってしまう可能性があるとのこと。

楽しむときは十分に注意してくださいね。
posted by たろ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108722891

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。